« 0009:1971年ルマン24時間 | トップページ | 0011:第3回日本グランプリ(1966) »

2006年9月20日 (水)

0010:1966〜68年ルマン24時間

Fordgts
 さて、0008で書いたように、69年までのルマンはフォードが4連勝していました。フォード・ワークスがルマンで初優勝したのは66年で、翌年も無敵の強さで連勝しましたが、それに恐れを抱いたFIAによるレギュレーションの変更でフォードの大排気量マシーンは事実上スポーツカー選手権から追い出された形となったのですが、3,000ccのプロトタイプカーと5,000ccの(25台の生産義務のある)スポ−ツカーとの争いとなった68・69年ともプライベートチームのJW・ガルフチームからの参戦でフォードはルマンを勝ち取ってしまったのです。
Fordgtmk2  66年の優勝車、フォードGT Mk IIです(イタリア・Bang製)。ドライバーはB.マクラーレン/C.エイモン組でした。64年デビューのGT40の車体に7,000ccのエンジンを突っ込み、デイトナ24時間・セブリング12時間に圧勝し、ルマンも1-2-3フィニッシュで初制覇しました。ちなみに、車体の細かいディテールや塗色・デカールの違いを除けばモデルのプロフィールは0008のGT40と同一です。
Fordgtmk4  翌67年は車体もより洗練されたMk IV(中国・ixo製)となり、D.ガーニー/A.J.フォイト組(共に米国人)のドライブでオールアメリカンのルマン初優勝となりました。本来、MK IIとIVの間に「フォードJ」という試験車があり、そのノウハウがつぎ込まれてGT40シリーズと異なり遥かにモダンなレーシングカーとなったのでしょう。

Gt40b 68年、レギュレーション変更によりフォードワークスは撤退したものの、すでに多数(50台!)生産されていたGT40は選手権の出場ができるため、英国のJWレーシングがガルフ石油のバックアップを受けてエントリーしてきました。オーナーのジョン・ワイアはかつてはアストン・マーティンの監督としてルマン制覇し、63年からフォードGTの開発にも関わっていた人で、GT40をコンペティティブに改修し、シーズン緒戦はポルシェ907の後塵を浴びたものの、ルマンを制したばかりでなくこの年のチャンピオンシップも獲得してしまいました。ルマン優勝クルーはP.ロドリゲス/L.ビアンキ組で、モデルはMk IV同様ixo製です。
 翌年の優勝車、0008のGT40と同じ車体のはずですが「格好良さ」が違うのはモデルの設計年次とメーカーのセンスの違いなのでしょう。

|

« 0009:1971年ルマン24時間 | トップページ | 0011:第3回日本グランプリ(1966) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0010:1966〜68年ルマン24時間:

» 1967年 ルマン24時間レース [Motor Sportが一番]
先週のスポーツ新聞で、「アウディR10 TDIが、ディーゼルスポーツカー初のALMSタイトルを獲得」という記事を目にしました。そうだ、1960年代は、F1とスポーツカーレースが人気モータースポーツの中心だったことを思い出し、今回はスポーツカーレースについて一言。 当時のモータースポーツは、F1はドライバー中心、スポーツカーレースはメーカー中心という構図ができていました。従ってメジャーなメーカーはF1にはあまり興味を示さず(フェラーリは別格ですが)、ポルシェが一時期参戦していたのを除き、エ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 08時23分

« 0009:1971年ルマン24時間 | トップページ | 0011:第3回日本グランプリ(1966) »