« 2016年7月 | トップページ | 2019年2月 »

2017年5月 6日 (土)

0060:2016年ルマン24時間

Lemans2016a_2

 待ちに待った昨年度ルマン24時間のウィニングカーが届きました。優勝車はポルシェ919車番②でした。とは言え、悲劇の主役は「最後の1周」を回れずリタイア扱いとなってしまったトヨタTS050にほかなりません。肝腎のレース経過・結果はこちらをご覧ください
 モデルはすべてSPARK製。自社ブランドでなく「Gazoo Racing」ブランドとなっていたのがTS050「5」でした。入荷はTS0502台が1月、アウディが4月初旬、ポルシェが5月でした。今回の納品はモデルガレージロムからでした。
Lemans2016b_2  優勝車のポルシェ919②、昨年度に続き連勝です。通算18勝で最多優勝記録を更新しました。やはり、さすがの強さと言うべきなのでしょう。ポルシェはHPでも奢らず、次年度での再戦を呼びかけています。

 

 

 

 

Lemans2016c_2 一時は「5」の1号車TS050とワンツーで周回していたTS050の2号車⑥。一時小林可夢偉の単独スピンからボディワーク修復が必要となり順位を落としましたが徐々に回復し2位に入りました。

 

 

 

 

Lemans2016d_2 アウディR18は⑧が3位、さらに4位にも入り、かつての常勝王者としての貫禄を示しました。残念なことにこの年限りでルマンでのレース活動は休止することが発表されました。

 

 

 

 

Lemans2016e_5

 

 

  レース経過をスマホ画面で観ながら「あと1周」となりさあ、これでトヨタ初優勝、と思っているとピット前のコース上でストップした⑤。ピットで見守る人たちの落胆した表情、逆に歓喜に沸くポルシェの人たち。なんということか、これまでに何度も味あわされた運命の女神からトヨタが見放されるシーンの再現でした。

Temporary

2017年に開催されたオートモビル・カウンシル会場で展示されていたトヨタTS050。車番6の2位入賞車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2019年2月 »