« 脳循環代謝学会総会 | トップページ | お気に入りのお菓子 »

2004.09.25

iMac新装成る

 2回前の「ハードディスクのご臨終」で登場した母用のiMac、ようやく本日朝に完成いたしました。家中のHDDを探ってみたところ、とりあえず使えそうなものがあまりなく、使用頻度がいちばん少なかった2.5インチの6GB(以前VAIOノート505に入れ替えようとして購入したものの厚みが9.5mmもあって内蔵できず、結局外付けディスクとしてたまに使われていただけ)を引っ張り出し、センチュリーの2.5インチHDDを3.5インチとして使用するアダプター(IED-002;こんなものが使われずに在庫しているんです、ウチは)に載せた上でiMacのHDDベイに搭載しました。
 あまりiMacのことは熟知していないため設定は手探りで、光学ディスクと主従(マスターとスレーブ)を分けるべきなのかなあ、とかいろいろやってみたのですが、ちゃんと起動はしてもATAバスのユニット番号がどちらもゼロ(マスター)なのでオタオタしたり、結局初期型iMacはPowerBookなどと同様にATAバスが二つ独立しているのでそれで正解だったのですが、HDDのそれをなんとか「1(スレーブ)」にしようと何回も分解して設定ピンを差し替えること5回、あげくにモニタケーブルのネジひとつをバカにしてしまったりで散々でした。
 なにはともあれ、あとは日本語変換辞書をちょっと整備し、母のデータ(日記だけ?メールは?)を移し替えればいよいよ珍品Apus2000が退役となります。
 カミさんの母上(いままで68040を積んだLCII改を預けてありましたがほとんど使われていません)はどうする?....母のiMacをみてもし「私の分は?」となったら今度はもう1台ある同型機(もとは目々澤醫院全体のサーバでした)をまた年配者用に仕立てるだけです。はたして需要はあるでしょうか?

|

« 脳循環代謝学会総会 | トップページ | お気に入りのお菓子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMac新装成る:

« 脳循環代謝学会総会 | トップページ | お気に入りのお菓子 »