« REACH Resistry 登録完了 | トップページ | 混みました »

2004.12.22

健診を受けました

 社会保険新宿健診センターで健康診断を受けてきました。いくつか注文はつきましたが、心配していた上部消化管は大丈夫だったようでなにより。ただ、バリウムを出すための下剤の影響でまだお腹がゴロゴロしています。午前だけで男性だけでも50名近く、たぶん女性を入れると100名近くの受診者をさばいていくのはなかなか大変だろうと思いますが、体格測定・血圧測定・採血・心電図・聴力・視力・胃部レントゲン・胸部聴診などのスケジュールをさらさらとこなしているのに感心しました。ドクターによる結果説明も11時前に受けることが出来ました。ただ、その内容は(こちらが身分を明かさなかったこともあり)紋切り型で、ただ用紙を渡されただけと変わらないように思います。
 昨年は東京厚生年金病院の検診センターで同様の健診を受けましたが、検査結果が郵送されてくるのに4-5日を要しましたが、受けている最中の雰囲気はこちらのほうがよかったです。ドクターの診察もこちらは胸部打聴診・眼瞼視診・浮腫チェックのほか簡単な腱反射チェックもありました。しかし、こちらで超音波を受けたときやたらと膵臓の描出に時間をかけられたため、翌日心配になって当院のCTで撮影してもらい、いったいどうなっているのか自分で確かめてしまった、というエピソードがあります。
 さて、来年度はどうしましょうか。個人的にはまた元に戻ろうか、とも考えています。そのためには申し込みを即座にしないといけません。それとも社会保険の方ではなく、江戸川区医師会の「会員ドック」という手もありますね。古巣の佼成病院、というのも候補のひとつです。
 どちらの健診にも共通なのは、レントゲンや超音波(これは社会保険新宿健診センターでは含まれません)などの撮影画像を受診者に見せてくれないことです。こういうものはたとえ一瞬でも受診者に見せてくれるところがあるといいのですが。実は、他の医療機関で「異常なし」と言われた、と患者さんに主張されるのが一番「危ない」時があり、できれば数枚でよいのでキーとなる画像だけでも提供してもらいたいものです。

|

« REACH Resistry 登録完了 | トップページ | 混みました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健診を受けました:

« REACH Resistry 登録完了 | トップページ | 混みました »