« やはりウイルス性胃腸炎 | トップページ | 登場、Mac mini »

2005.01.11

iPod Dock コネクタの悲劇

 つまらないことですが、現行のiPodにはiPod Dock コネクタ(USB 2.0とFireWire ケーブル)が各1本ずつ付属してきます。Windowsユーザだと、USB2.0ケーブルをPCに、FireWire ケーブルをACアダプタにつないでおけば、自宅(あるいは机上)とおでかけ用(あるいはお茶の間の充電専用)などと便利に使い分けが出来ます。しかし、MacユーザだとFireWire ケーブルがMacとの接続に必要となり、残りのUSB2.0ケーブルはACアダプタにつなげないため無用の長物になってしまい、前述のような使い分けが出来ません。てなわけで、細かい買い物ですが、数日前銀座のApple StoreでiPod Dock コネクタ(FireWire ケーブル)を1本、調達してまいりました。1本2,520円。余っているUSB2.0ケーブルと交換するサービスを必要としているのは不幸なMacユーザです。Jobsさん、融通効かせて!

|

« やはりウイルス性胃腸炎 | トップページ | 登場、Mac mini »

コメント

 そうか、新発売のiPod Shuffleの付属品として別売が始まったiPod USB電源アダプタ(3,570円)を使う手がある。でも、なんだかなあ。

投稿: 自分 | 2005.01.12 午前 08時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod Dock コネクタの悲劇:

« やはりウイルス性胃腸炎 | トップページ | 登場、Mac mini »