« サーバよ、お前もか | トップページ | サーバも復旧しました »

2005.06.10

Intel版MacではVirtual PCも(きっと)変わる

 本日アップされたこの記事では、Intel版Macについてこれまでとちょっと違う解説がなされています。また、公表されたコメントではMicrosoftもMS Officeをきちんと対応するとのことです。でも、最も状況が変わるのはMac上で稼働するPCエミュレータであるVirtual PCなのではないでしょうか。なにせ、ベースのプロセッサに対してはエミュレーションの必要がなく、例えばWindowsアプリケーションをMacのデスクトップ上で運用するのに最低限必要な環境を付け足せばよいのですから、かなり状況が変わるはず。ひょっとすると、今までClassicアプリがOSXデスクトップ上で直接開けたのと同様の使い勝手のVirtua PCが出来るかも知れません。逆に、MS Officeにしても(Virtual PCを介さずに)そうした簡略化されたWindows OSエミュレーションのみを付加したWindowsアプリそのままという登場の仕方も予想されます。
 とすれば、いよいよOSの壁が薄くなる可能性もあり、一段と面白いMacの世界が見られるかも知れません。確かに、Jobsの決断は「いつもと違う明日」を見せてくれます。

|

« サーバよ、お前もか | トップページ | サーバも復旧しました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Intel版MacではVirtual PCも(きっと)変わる:

« サーバよ、お前もか | トップページ | サーバも復旧しました »