« 公式ページのリニューアル | トップページ | やはり、NetHawkは非対応 »

2005.06.06

原因はハブのケーブル抜け

 午後の診療を始めようとして、マックの画面をのぞき込んで頭から血が引きました。最後に開いてあったFirefoxのアラートが、「...に接続できません。ドメインを確認して...」。また、ファイルメーカによる処方箋システムも同様のダウン。すわ、ネットワークの故障かと、サーバを見てもきちんと動いており、また、他の機械ではインターネットやローカルネットもちゃんと作動します。それでは、と、本体にささったLANケーブルを確認して再起動。しかし、ウンともスンともつながりません。それでは、と持ち出したのが以前ストックしておいたPCIのLANカード。でも、これは本体が認識しません。結局、ネットにつなげなければ業務は出来ず、自宅からPowerBookを持ち出して急場しのぎ。
 とりあえず午後の診療を終え、「これは新しいLANボードを買いに秋葉原だなあ」と思いつつ、ハブを触ってみると、なんと!1本だけはまりが緩くなっていたコネクタが!「カチン」とはめ込んでから画面をのぞいてみると、復旧!!....原因はハブからのコネクタ抜けだったというお粗末。まあ、部品を買った後でなくてよかったね、ということでチャン・チャン。

|

« 公式ページのリニューアル | トップページ | やはり、NetHawkは非対応 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原因はハブのケーブル抜け:

« 公式ページのリニューアル | トップページ | やはり、NetHawkは非対応 »