« Welcome back, ミスター長嶋 | トップページ | 植木もさっぱり »

2005.07.06

プール熱にご用心

 夏カゼが増えています。2〜3週前まではただののどカゼではなく、扁桃炎(頚のリンパ腺の腫れを伴う)が多かったのですが、先週中からヘルパンギーナ(コクサッキーAウイルスにより扁桃腺上方の部分に水疱ができ、高熱を出す)がでてきました。そして、今週に入ってからは結膜炎を伴うプール熱(アデノウイルスによる咽頭結膜熱)も散見されるようになりました。
 もちろん、手足口病も結構多く、こうした夏カゼが増えているのは小学校や幼稚園・保育園のプールが始まったことと関連がありそうです。また、耳鼻科検診でアレルギー性鼻炎だけだったお子さんがプールが始まってから黄色い鼻汁を出し始めて蓄膿症化し、抗生物質治療が必要になるケースもあります。プールに関わるお子さんたちの衛生管理は非常に重要です。症状のあるお子さんは無理して出席させず、早めに医療機関を受診させてください。

|

« Welcome back, ミスター長嶋 | トップページ | 植木もさっぱり »

コメント

こんにちわ。
医療情報委員会に出ている職員その1です。
私も先週プール熱と診断されました。
結膜炎から始まり、インフルエンザを超える高熱。
おかげさまで木曜の午後からしばらくお休みをいただきましたが(笑)

投稿: まちゃこ | 2005.07.09 午後 12時07分

 それは大変。どうぞお大事に。大人だと症状も重くなりがちです。でも、好発年齢は「4歳から10歳程度の幼稚園児から小学生」。誰からうつされたんでしょうね。

投稿: Dr.メメザワ | 2005.07.09 午後 11時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プール熱にご用心:

« Welcome back, ミスター長嶋 | トップページ | 植木もさっぱり »