« 医見書2.5登場 | トップページ | 今月の勉強会 »

2006.01.26

インフルエンザ、ブレイク

 今日の外来はインフルエンザ様疾患の患者さんが特に数多くみえました。抗インフルエンザウィルス薬:タミフルを投与した症例は来院患者さんの約1/10に達しました。すべてA型で、いまのところB型の患者さんはおられません。今年も残念ながらワクチン接種を受けておられても発病される方がおられます。患者さんの様子をみると、「のどは大して腫れていないのに熱が高い」「鼻汁や咳・痰を伴う場合が多い」「消化器症状(吐き気・下痢など)はみられない」などの特徴があります。このうち、2番目の鼻汁や咳・痰を伴う患者さんには抗生物質投与やネブライザなどの外用療法も併用してあげています。
 いずれにしても東京全域がインフルエンザ流行地域になりました。うがい・手洗いをしっかり行いましょう。

|

« 医見書2.5登場 | トップページ | 今月の勉強会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ、ブレイク:

« 医見書2.5登場 | トップページ | 今月の勉強会 »