« ふくれるケータイ電池 | トップページ | 鼻腔内異物とクモ膜下出血(SAH) »

2006.09.30

タカラモノ

Takaramono 1ヶ月近く探し回っていたものがようやく見つかりました。写真(1)のホンダF-1の箱の中には、かつて中学生の頃スロットレーシングカーで走らせていた1/24模型のボディが(写真2)。一番古い「フェアレディ1600」はバルサ材を貼り合わせ、彫刻刀で整形して作ったものですが、なぜか後年ウィングを生やしていたりします。R-380も日本GP仕様が2代(66年、67年)。また、68年のR381(ウイング未完成)・トヨタ7・カレラ10生沢車・カレラ6片平車・ローラT70酒井車などがあります。まず、明日開催のさる研究会のネタになりそう。ただし、全部を運ぶのはかなり無理があり、はてさてどうしましょう。自動車で出かけたら飲めないし。これらの詳細については、後日「なんコレ」で蘊蓄をご披露しようと考えています。乞うご期待。

|

« ふくれるケータイ電池 | トップページ | 鼻腔内異物とクモ膜下出血(SAH) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカラモノ:

« ふくれるケータイ電池 | トップページ | 鼻腔内異物とクモ膜下出血(SAH) »