« 長女と次女の試験勉強 | トップページ | 角兵衛 »

2006.09.16

獨協医大同窓会学術研究会

0609profmatsuoka 獨協医科大学循環器内科の松岡博昭先生(写真中央右)をお招きして「高血圧治療・最近の動向」と言うテーマでご講演を伺いました。座長の労をとられたのは城北診療所の須藤先生(第1期生、写真左)で、三共製薬の後援を得て浅草ビューホテルで開催されました。先生は高血圧治療の第一人者で、出版物や放送などで拝見していたものの直接ご講演を伺うのは初めてでした。昨年江戸川区医師会の講演会で慶応の猿田先生に同様のテーマでお話を伺っていますが、違う切り口でのお話で大変興味深く拝聴いたしました。また、ご講演の後、いくつかの疑問にも丁寧にお答えいただきました。
 さて、実は昨日も江戸川区医師会に所属している獨協医大出身者の集まりがありました。カメラを持参しながら、写真を撮って来るのを忘れ残念至極です。小生のVSRADと慢性頭痛トピックのご紹介と、田中寧先生(眼科)のプール熱に関するレクチャがありました。来年度の世話人は先輩にあたる1期生の方々にお願いすることが出来、やっと肩の荷が下りました。

|

« 長女と次女の試験勉強 | トップページ | 角兵衛 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獨協医大同窓会学術研究会:

« 長女と次女の試験勉強 | トップページ | 角兵衛 »