« トモセラピー | トップページ | Cubeのお引っ越し »

2007.07.14

文京ニューロサイエンスフォーラム

 昨日、飯田橋のホテルエドモントにて表記集会が開かれました(共催:ファイザー)。日本医科大学の脳神経外科・神経内科・精神神経科・小児科のスタッフを対象にした横断的な研究会で、今回が第1回目です。3例の症例報告と特別講演という構成でしたが、診療終了時間の関係から症例報告には残念ながら間に合わず、北里大学神経内科教授の坂井文彦先生の「頭痛の研究と診療-最近の知見」のみ拝聴してきました。
 片頭痛の症候学(メカニズム)にはじまり、貴重な画像(片頭痛発作時にMRAで撮影した中大脳動脈が平常時より拡張している)の供覧、治療のセオリーなどを大変興味深く学ぶことができました。懇親会の席上、「開業で頭痛診療はコストが取れず大変でしょう」とお声をかけていただきました。少しでも一般のドクターにできない治療を頭痛患者さんに施すことが出来ればそれで十分です、とお答えいたしましたが、日本の(というより世界の)頭痛診療のトップの先生にこうしたお心遣いをいただけただけでも大変に光栄でした。ご講演の内容を明日からの診療に生かしてゆきたいと思います。

|

« トモセラピー | トップページ | Cubeのお引っ越し »

コメント

一風変わった脳内構造のホームページを作成したのですが、よろしければ、ご批評願えないでしょうか?

投稿: ノース | 2007.07.28 午後 03時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文京ニューロサイエンスフォーラム:

» 耳垢 [耳垢]
この前、子供が中耳炎になりました。 耳掃除はしてるつもりだったけど、 耳鼻科の先生は、細いピンセットのようなもので 耳の中にあった大きな耳垢を、ひょいって つまみ出してくれました。 [続きを読む]

受信: 2007.07.14 午前 11時17分

« トモセラピー | トップページ | Cubeのお引っ越し »