« CAR検、受けてきました | トップページ | 日本脳循環代謝学会総会 »

2007.10.16

IPA2007出席中です

0910ipa
 大阪・グランキューブにて開催中の国際老年精神医学会(IPA2007)に出席中です。朝7:30に始まったモーニングセッションに続き、いままでひとしきり講演を聞いていました。昼のサテライトセミナーではアルツハイマー病の根源とも言える、アミロイド老人斑の凝集抑制に働く薬剤が現在Phase IIIに入っているという話題もあり、なかなか興味深く聞いています。
 非常に印象に残った演題は二つ。「認知症周辺症状の抑肝散治療」東北大学:荒井啓行先生と、「アルツハイマー病研究update」国立長寿健康センター研究所:柳澤勝彦先生です。荒井先生のご講演は単に抑肝散のみにとどまらず、加味温胆湯や八味地黄丸(の中の牡丹皮)が認知症中心症状に効果があることなどをご紹介されました。また、柳澤先生はアルツハイマー病のトップランナーのお一人で、これまでわかっている疾病メカニズムのクリアな解説と今後の治療に結びつく原理について非常にわかりやすくご説明いただきました。
 フロア展示では、認知症の予防・早期発見に役立つソフトウエア「CogHealth」を開発したオーストラリアのDavid Darby博士としばらくお話しでき(ソフトはWindows版もありますが開発はMacだそうです)、また、レビー小体病(パーキンソン症状と認知症症状を有する疾患)ソサエティのおばさんからは白いドットのついたリボンとブレスレットをいただいてきました。

|

« CAR検、受けてきました | トップページ | 日本脳循環代謝学会総会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IPA2007出席中です:

« CAR検、受けてきました | トップページ | 日本脳循環代謝学会総会 »