« 新小岩・ステーキ加真路、復活 | トップページ | 薬局との頭痛連携の必要性 »

2008.06.13

江戸川メタボリックシンドローム研究会

 6月11日(水)に、表記研究会が(株)アステラス製薬の主催により両国第一ホテルで開催されました。江戸川病院の加藤院長・大平循環器科部長・伊藤内科部長などを中心に企画され、及ばずながら院長も世話人の一人としてお手伝いをさせていただきました。
 会は東京大学で肥満外来を担当されている大須賀淳一先生をお迎えし、第一部で典型的なメタボリックシンドローム患者さんの症例検討を行い、その後第二部で大須賀先生のご講演を拝聴する形となりました。なかなか面白い構成でした。講演の最後で「肥満症の外科的治療」についても話が及びましたが、なかなか困難そうな治療方法であることがわかり、たやすくやせる方法がないことを再確認させられました。またBoot Campをやらなくては。

|

« 新小岩・ステーキ加真路、復活 | トップページ | 薬局との頭痛連携の必要性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川メタボリックシンドローム研究会:

» メタボリックにならないための方法! [メタボリックシンドロームは生活習慣病を予防することで防げます。]
毎日の生活習慣を見直すことでメタボリックシンドロームの予防は出来ます。 [続きを読む]

受信: 2008.07.02 午前 06時32分

« 新小岩・ステーキ加真路、復活 | トップページ | 薬局との頭痛連携の必要性 »