« 城東Warfarin学術講演会 | トップページ | 無線LANスポットにつなぐ »

2008.09.11

第3回城東循環器の会

 9月10日、浅草ビューホテルにてアステラス製薬と日本べーリンガーの共催により、表記研究会が開催されました。講師は東京逓信病院内科部長の宮崎滋先生で、「特定検診を踏まえたメタボリックシンドロームについて」という演題でした。
 宮崎先生は特定検診の基盤となるメタボリックシンドロームの診断基準設定に携わったお一人で、特定検診で「指導」に当てはまった患者さんたちをどのように指導すればよいかを懇切丁寧なご講演でお教えくださいました。まず、現在の体重の5%を削減するプログラムを策定し、運動と食事でともに同じカロリーを調整する、さらに夜食と間食をなくさせる、など教科書では書いてあるものの実際に患者さんに適用させる上でのコツを授かりました。
 講演後の質疑応答も白熱し、良い勉強が出来ました。

|

« 城東Warfarin学術講演会 | トップページ | 無線LANスポットにつなぐ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回城東循環器の会:

« 城東Warfarin学術講演会 | トップページ | 無線LANスポットにつなぐ »