« 国際学会のため臨時休診があります | トップページ | 城東Warfarin学術講演会 »

2008.09.07

スカイ・クロラ見てきました

 久しぶりに映画館まで行ってきました。それも、新宿!8月2日に封切りで、「そろそろ行かないと終わっちゃうな」と思っていた矢先、当家御奥様(カミさん)より「半日自由可」とのお達し。さあ、どこで見ようかと検索したところすでに大半の映画館では上映が終わってしまっており、封切館で上映しているところは約10分の1。見に行ける時間に折り合えるところで新宿(ミラノ3)になったわけです。
 やはり、こうした映画はDVDで見るより映画館の大画面に限ります。飛行機の計器が普段カミさんの操縦するセスナの計器とほとんど同じ動きをすること(無論宙返りではそれなりに派手に)にちょっとニヤリ、背景やメカが陰影細やかに描かれているのに人物が平板に描かれていることから「人物だけでも実写をはめ込んでもいいんじゃないかか」と思ったりして見始めました。しかし、のめり込んでいるとやはり非現実なシチュエーションを表現するにはこの形式がベストと思え、押井ワールドに浸ってしまいました。
 プログラムに「あの機首は男性のシンボル」と書かれていた、敵方の「スカイリィJ2」は大きめの排気タービン(ターボ・スーパーチャージャー)が着いているのですが、それとは相反するはずの推力型単排気管が片バンクごと10個ずつ(ということは正立型V20?)左右に並んでいるのが「?」なのです。そのあたりのメカニズム解説を誰か教えてください。まあ、そんなことを悩みながら見たのはお前だけだ、と言われてしまえばそれまでなのですが。

|

« 国際学会のため臨時休診があります | トップページ | 城東Warfarin学術講演会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラ見てきました:

« 国際学会のため臨時休診があります | トップページ | 城東Warfarin学術講演会 »