« 中小岩小で講演しました | トップページ | 第20回脳循環代謝学会総会(2) »

2008.11.06

第20回脳循環代謝学会総会(1)

0811jcbfmc 東京ドームホテルにて日表記学会が片山泰朗先生(日本医科大学内科神経・腎臓・膠原病リウマチ部門)会長のもと開催されました。院長は現在もこちらの医局に非常勤として籍を置かせていただいております。
 昨日の評議員会、本日の第一日目に参加して来ました。明日も北総病院の外来を休診にして参加して参ります。脳梗塞治療の明日を見開く脳保護・再生治療のいろいろなアイディアが提示され、いよいよこれらの中から将来の治療法が見いだされていくことが予感されました。
 昨日開催された評議員懇親会では瀬崎明日香さんのバイオリン(ストラディバリウス)が披露されましたが、同席した学会理事長の鈴木則宏先生(慶應義塾大学)は大変お気にいられ、絶賛しておられました。先生ご自身もフルートを奏されますし、またご自身が会長になる13日からの頭痛学会の会長招宴では「千住真理子さんをお呼びしてある」とお話になっておられました。ひとときのあいだ、まるでコンサートに来ているようなそばらしい時間を過ごせました。

|

« 中小岩小で講演しました | トップページ | 第20回脳循環代謝学会総会(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20回脳循環代謝学会総会(1):

« 中小岩小で講演しました | トップページ | 第20回脳循環代謝学会総会(2) »