« 日本医師会のTV-CM | トップページ | mini9だとOSXがつかえる(そうです) »

2009.03.08

頭痛専門医の在宅試験

0903zutushiken 日本頭痛学会による頭痛専門医は制度が発足してからまだ日が浅く、専門医としての認定は試験によるものではなく学会の審査のみに基づくものでした。昨平成20年に初めての認定試験があり、試験制度に基づく頭痛専門医が誕生することになりましたが、それ以前の(ということは私も含めて)専門医が試験を済ませた専門医と同等であることを公にする必要があり、そうした「移行措置認定医」に対し「同等性を担保する」在宅試験が行われることになりました。
 問題と解答用紙はすでに学会から送られてきており、さっさと済ませてしまいたいところだったのですが介護関連などの提出書類や雑用・一家の行事などに追われ延び延びになっていました。締切が3月末日とのことで、放って置くわけに行かず、カミさんが出かけて居ないのを幸い、ようやく本日12時より開始いたしました。全50問終わってみると、「勿体ぶらずちょっとで済んだのに」というところでしたが、じつは途中でマークシートへの記入ミスに気づき約9題分書き直す羽目に逢いました。試験っていつ受けてもイヤなものですね。

|

« 日本医師会のTV-CM | トップページ | mini9だとOSXがつかえる(そうです) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭痛専門医の在宅試験:

« 日本医師会のTV-CM | トップページ | mini9だとOSXがつかえる(そうです) »