« 医師会で新型インフルエンザ説明会が開かれました | トップページ | 第50回日本神経学会総会 »

2009.05.20

「劉備くん」の「雑兵A」はマカーであった

0905ryubikun 「PRUTO」が終わり、作者骨折のため「ジパング」が休載になるなか、なかなか読める漫画が少なくなっている今日この頃です。以前から白井恵理子さんの「劉備くん」シリーズの大ファンなのですが、幾多の登場人物の中でも「雑兵A」がお気に入りです。「沈黙の艦隊」がはやれば三国志の舞台に潜水艦を持ち出し、またある時は赤兎馬を遺伝子操作で複製しようとしたりの逸材で、それでいてあくまでも作者曰く「どうでもいい重要キャラ」なのです。
0905zohyoa その雑兵Aが、最新刊の「劉備くん青天の赤壁」でグーグルマップを三国志の戦いに持ち出したのですが、そのとき開いていたのがリンゴのついたラップトップ。そうか、雑兵Aもマカーだったのか。白井さん、最高!

|

« 医師会で新型インフルエンザ説明会が開かれました | トップページ | 第50回日本神経学会総会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「劉備くん」の「雑兵A」はマカーであった:

« 医師会で新型インフルエンザ説明会が開かれました | トップページ | 第50回日本神経学会総会 »