« 新型インフルエンザの呼び名 | トップページ | 江戸川区薬剤師会で講演しました »

2009.05.31

名所史跡をめぐるハイキング

0905chounaikai ひと月ほど前、北小岩江戸川町会の人がご来院され、「救命救急のやり方を教えてくれませんか?」とのお申し出がありました。何事か確かめてみると、町内会でハイキングを企画したところ、参加者に年配の方々が多く、「もしものことがあったらどうしよう」ということでした。幸い、当日はカミさんは用事があり当方が拘束されることはありません。「それでは、AEDをリュックに入れて一般参加させてもらいましょう」ということにしました。
 さて、本日がその当日。出発時間が朝10時ということで、京成江戸川駅そばの北野神社へ集合。冒頭で責任者の方に「心強いことに先生がご一緒してくれることになりました」と紹介されました。見回してみると当院かかりつけの方々が何人も。皆「もしものことなどおこらなそうな」人たちばかり。これなら、気楽に全行程回れそう、と出発しました。
 朝のうちは陽も差し、暑いくらいの陽気でしたが、江戸川を市川橋で渡り、川沿いに北上して真間山弘法寺へ。さらにじゅんさい池を一回りして里見公園へ。ここで町会スタッフが自動車で運んでくれていたお弁当をいただき小休止。このあたりからお天気がぐずつき始めましたが「野菊の墓」記念碑を見てから矢切の渡しへ。渡し舟が定員31人のため2回に分けて乗船、都内へ戻りました。江戸川の土手の上を歩いて北野神社まで戻って午後3時。まったく予定通りで何事もありませんでした。歩いた距離は13キロほどだったそうです。
 ふだんゆっくりお話できないかかりつけの皆さんや町会の人たちといろいろお話ができました。解散する頃まで小雨程度でなんとかもち、解散後に雨がしっかりと降り出しました。自宅に戻ってから腰痛が起こっているのに気づきました。やはり、普段からちゃんと運動しないといけませんね。

|

« 新型インフルエンザの呼び名 | トップページ | 江戸川区薬剤師会で講演しました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名所史跡をめぐるハイキング:

« 新型インフルエンザの呼び名 | トップページ | 江戸川区薬剤師会で講演しました »