« 豚インフルエンザに関する国の症例定義と届出様式 | トップページ | 一般診療所における新型インフルエンザの取扱い »

2009.05.09

スウェーデンへ行ってきました

0905pib 連休の間、スウェーデンへ行ってきました。メインイベントはイェーテボリで開かれた5月3日のP.-I.ブローネマルク教授の80歳のパーティーです。詳しくはカミさんのブログをご覧いただきますが、実は教授とは同じ年にルンド大学の学位をいただいた、いわば同期生でもあるのです。もちろん、教授はすでに博士であったわけですが、この年、ルンド大学から名誉博士号を贈られたのでした。こちらが壇上で学位記を授与され、教授のわきを通りかかると「congraturation, my friend!」と立ち上がって握手してくださったのは忘れることができません。
0905bosse_2 さて、その日のうちに列車でルンドに戻り、研究室に顔を出してから、実験脳研究所の主任教授だったBo.K.シエショウ教授にご挨拶に伺い、いろいろ意見交換を交わしました。痛風が悪化して入院生活を送られた後でしたが、髪を短くされかえって精悍になられたような風貌でした。お話では、来月東京に来られるとのことでした。前回の来日では左腕を骨折されるなど大変でしたが、ご無事にスケジュールをこなされることを祈るばかりです。
0905malla 夜には研究所の准教授だったMaj-Lisスミス女史のお宅でお手製の料理を囲んで情報交換や懐かしい話、さらには現在の経済情勢まで話題が尽きることなく楽しい時間を過ごしました。翌5日には帰国の途につきましたが、いちばん懸念されたのが成田空港での検疫でしたが、幸い到着時間が朝9時半頃でアメリカ方面からの到着便もなくあっさりと入国できたのは幸いでした。
 帰国してからは時差と戦いながら診療をおこない(チオビタと緑のジャワティのお世話になりました)、なんとか土曜まで乗り切りました。さて、今月末と来月初めには講演が1本ずつ。また頑張ってネタ作りに励まねば。

|

« 豚インフルエンザに関する国の症例定義と届出様式 | トップページ | 一般診療所における新型インフルエンザの取扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54577/44957930

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデンへ行ってきました:

« 豚インフルエンザに関する国の症例定義と届出様式 | トップページ | 一般診療所における新型インフルエンザの取扱い »