« 24日(木)は臨時休診いたします。 | トップページ | やった!ベスト16!!! »

2010.06.24

第25回日本老年精神医学会

1006rounen 熊本市で熊本大学池田学教授を会長に、表記学会が開催されました。九州での開催ということで、昨日のうちに熊本に入りました。
 午前中は症例報告のセッションに参加しました。また、午後には「血管性認知症再考」のシンポジウムと「認知症臨床に貢献した日本人の独創的研究」という企画の小坂先生(レビー小体病の発見者)のご講演をうかがいました。
 午前中のセッションでは、嫉妬妄想・拒食といった臨床症状への対処についての報告があり、今後の指標が出来ました。また、認知症の患者さんから介護関係者が受けるセクハラについての報告もあり、今後クローズアップされる可能性を感じました。血管性認知症はアルツハイマー病の増加に押され、一時は減少傾向かと思われていましたが、実際には糖尿病との関連から増加傾向にあることが示され、フロアからは「いったん減少していたのはアルツハイマー病薬を投与せざるを得ない状況から生じた保険病名のせいではないか」という発言もありました。これには同感です。また、国立循環器病センターからの発表で(これまで心筋梗塞・脳梗塞急性期・バージャー病などへの試験的応用で効果のある)骨髄幹細胞の径静脈投与で血管性認知症の治療も検討されているのには驚きました。イメージとしては、「若いうちに骨髄液を採取してもらい幹細胞をBankしておく、遠い将来に血管性認知症になったら保存しておいた幹細胞を投与して回復を図る」というもので、現在SHRSP(高血圧・脳卒中易発症ラット)を用いて研究中だそうです。自分の未来には間に合いそうもありませんが、なかなかワクワクする研究です。
 心配された天気も回復し、昼休みには熊本城を見学することも出来ました。ただ、IPhoneの感度が悪く、学会会場のホテル(KKRホテル熊本)内でも電波が通る場所と通らない場所があり、いただいた電話(出張中はいつも診療室から転送しています)に満足に対応が出来ませんでした。この点、お電話いただいた方々にお詫び申し上げます。ソフトバンクさん、ちゃんと調査して電波状態をなんとかしておいてください。そういえば、iPhone 4は予約してあったのですが、果たして入荷案内の電話はあったのでしょうか:もしかかってきていたとしても取れていなかった(;。;)。
 さて、明日午後の目々澤醫院の診療はいつも通りとなります。また、間近に迫ったデンマーク戦も気になります。祈願必勝!

|

« 24日(木)は臨時休診いたします。 | トップページ | やった!ベスト16!!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25回日本老年精神医学会:

« 24日(木)は臨時休診いたします。 | トップページ | やった!ベスト16!!! »