« 長野での結婚式へ日帰りで行ってきました | トップページ | 第16回城東神経内科懇話会 »

2010.08.29

iPadとiPhoneがファイルメーカークライアントになる!

Icon_fm_go
 iPhone登場以来、いままで長いこと待っていた「ファイルメーカーPro」のクライアントアプリケーション「FileMaker Go」がとうとう発売されました。iPhone用が2,300円、iPad用が4,600円と決して安くはありませんが、当院の(処方箋を含む)文書システムの一角とできそうなことを考えると高価とは言えません。早速インストールしたところ、院内のLAN(有線/無線)に建ててあるファイルメーカーProサーバ(7)のファイルをあっさり開くことが出来、閲覧・入力ともスムーズに出来ました。
 ということは、患者さんへの質問紙による問診もiPadから可能となるわけで、今後院内文書の大幅なイノベーションができるのではないかと考えられます。とはいえ、そう言う場合にはiPad用にファイルを作らなければいけないわけで、暇と根性が必要です。どちらかというと往診用に3G経由でiPhoneから処方内容の確認、というぐらいが当面の使用範囲ということになりそうです(結論はちょっとしょぼくなってスミマセン)。

|

« 長野での結婚式へ日帰りで行ってきました | トップページ | 第16回城東神経内科懇話会 »

コメント

 すばらしいです。
 脳卒中地域連携パスのシート作成にFileMakerで作っていたのですが、記載には、パソコンと患者さん・看護師を行ったり来たり... iPadやiPod touchで入力できれば大変楽ですね。

投稿: mishina | 2010.08.29 午前 08時10分

 病院では院内LANへの接続、往診医では(小規模な)VPNを使った接続が最後のネックということなのでしょうね。看護師さんのチェックシートが電子カルテになる前にiPadになってしまっていたら電子カルテのありようも変わってくるかも知れません。

投稿: 管理人 | 2010.08.31 午前 12時38分

以下のページで見る限り簡単に出来そうですが....。
http://support.apple.com/kb/HT1288?viewlocale=ja_JP
また少し勉強しなおさないと。

投稿: 管理人 | 2010.08.31 午前 12時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadとiPhoneがファイルメーカークライアントになる!:

« 長野での結婚式へ日帰りで行ってきました | トップページ | 第16回城東神経内科懇話会 »