« J:COM江戸川での「頭痛(後編)」始まりました | トップページ | 当院は大丈夫です »

2011.03.09

アクセス特急とスカイライナーの到着時間の差

1103skyaccess 日本医大北総病院までのルート、北総鉄道を使って成田スカイアクセスが通るようになってからしばらく経ちました。新ダイヤとなり「ちょっとは通勤が楽になるかな」と思っていましたが実際はその逆で、普通列車の到達時間は延びるは、帰宅に重宝していた時間帯の列車はなくなるはで、踏んだり蹴ったりでした。おまけに昼の時間帯は病院からの送迎バスがスカイアクセス接続にはあっても普通列車接続はないことも致命的です。
 開通当初、時刻表を眺めていて腑に落ちなかったことが一つ。スカイライナーの到達所要時間とスカイアクセスのそれが異常に違い、スカイアクセスでは京成本線の快速とたいして到達時間が変わらないのです。謎は今日、実際に京成高砂から成田空港まで乗ってみてようやく解けました。スカイアクセスの実際の走行時間は長くなかったのに、なんと途中で15分も停車時間があったのです。
 北総線が「成田湯川」まで延長され、そのあと(本来は成田新幹線が走るはずだった)JR成田空港線の「使われていなかった」路線を走るのですが、ということはJR成田空港線も単線。北総線からのルートも単線となるのです。成田湯川でスカイライナーに追い越されるために5分間の停車、さらに単線区間に入ってさらに10分間の停車があり、その間左側をJRのNEXが追い越していくという有様でした。これだけタイムロスがあれば到着まで時間がかかるはずですね。実際に乗ってみないとわからないものです。京成本線通過駅付近に在住の自分としては、もう一生このルートを使うことはないでしょう。

|

« J:COM江戸川での「頭痛(後編)」始まりました | トップページ | 当院は大丈夫です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセス特急とスカイライナーの到着時間の差:

« J:COM江戸川での「頭痛(後編)」始まりました | トップページ | 当院は大丈夫です »