« 江戸川区こころのフォーラム | トップページ | MEDISHAREキックオフ 〜ITによる学生からの医療改革〜 »

2012.05.19

第1回しびれ・痛みの研究会

 本日、標記研究会が大日本住友製薬東京支社にて開催されました。今回事務局をお務めになったのは日本医科大学千葉北総病院脳神経センターの金景成先生でした。時間の制約で前半の一般講演3題だけ聴講してきました。
 金先生の「糖尿病性神経障害に伴う痺れに関する研究」では、糖尿病をお持ちの患者さんが上肢・下肢のしびれを呈した時一般に内科医が「あ、糖尿病性神経障害だね」とVB12製剤などを投与しそれ以上の追求がないケースが多いのではないかという提言でした。実際に脊髄外科の立場で診察してみると絞扼性の障害(脊柱管狭窄症・手根管症候群・足根管症候群など)が発見され、そちらの治療を行うことによって自覚症状の改善されるケースが多いそうです。われわれ神経内科が診ている糖尿病の患者さんと、糖尿病内科・一般内科で診られている患者さんとはちょっと事情が違いそうですが(金先生もコメントしておられました)、自分の感想ではVB12剤でなんとかなるケースは少なく、結構痛みやしびれを訴えられるため脊髄や末梢神経検査をしているため、「確かにそうだね」という印象ですが糖尿病患者さん全体では確かにご発表の通りなのかも知れません。
 横浜新緑総合病院:森本大二郎先生の「上殿皮神経障害の診断と治療」というタイトルに「いったいなんだろう」ということでこの会に出かけたのですが、これが今まで医師の間であまり注目されていなかった腰痛の一部だと言うことがわかりました。どんなものかはこちらの井須先生(釧路労災病院)のページで一部ご確認いただけますが、会場で話題になっていた鍼灸師さんのHPもしくはブログでも記載があります。具体的には腸骨粱の正中から4-5横指付近の部分に圧痛点がありそこから外下方に放散痛を呈する病態のようですが、これ、結構ウチの患者さんでよく見られていました。座骨神経痛を患う方に多く観られていたのでその部分症かと思っていたのですが立派な独立した神経障害だったのです。これに対しブロック注射や手術療法が効果あり、という内容でした。実は患者さんのリクエストに対して「トリガーポイント注射」と同等の感覚で施術しておりました。これからはきちんとした理論に則った治療として実施できるのは嬉しいことです。なお、こちらの書籍(井須先生著書)にも書かれているそうで、早速注文をいたしました。

|

« 江戸川区こころのフォーラム | トップページ | MEDISHAREキックオフ 〜ITによる学生からの医療改革〜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1回しびれ・痛みの研究会:

« 江戸川区こころのフォーラム | トップページ | MEDISHAREキックオフ 〜ITによる学生からの医療改革〜 »