« 第38回脳卒中学会(STROKE2013) | トップページ | 第2回城東認知症研究会 »

2013.03.24

清水俊彦先生の「子どもの頭痛」が掲載されています

1303aerakids 東京女子医大頭痛外来の清水俊彦先生が監修された「子どもの頭痛」という記事が掲載されています。書店での販売も始まり、院内で閲覧できるようにいたしました。ご来院の際には、どうぞご覧下さい。

|

« 第38回脳卒中学会(STROKE2013) | トップページ | 第2回城東認知症研究会 »

コメント

この雑誌、夢の中でも探し歩いてしまいましたσ(^_^;)
ちなみに現実では、まだという体たらくです。
すみません、すみません、すみません‼

誕生日前に滑り込みセーフで就職できました。
気が付けば、桜ももう満開ですね。
ちょっと困ったのが、論文書くのが目標だと面接で話したら、後から電話かかってきて、論文書くから2,3ヶ月で辞めるとか言わないか?と。
ろ、論文は10年単位ですが…と説明し、向こうもかなり謝られてましたw
一般知識って、論文は数ヶ月単位なんでしょうか?
ビックリでしたww

4月1日から頑張ります( ´ ▽ ` )ノ

投稿: SALT | 2013.03.26 午後 10時42分

SALTさん、就職おめでとうございます。頑張ってください。
AERA Kidsは、街角の本屋さんではなかなか見つかりにくいようです。『立ち読み」はきついかも。とは言っても全部で2ページですからAmazonで買うのもウチのように待合室において、という2次利用の企てがないとちょっと勿体ないかもしれません。どこか大型書店に寄った時にでも捜してみるのをお勧めします。

投稿: 管理人 | 2013.03.28 午前 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54577/57024013

この記事へのトラックバック一覧です: 清水俊彦先生の「子どもの頭痛」が掲載されています:

« 第38回脳卒中学会(STROKE2013) | トップページ | 第2回城東認知症研究会 »