« 第23回江戸川医学会(第二日目) | トップページ | 電話予約システム休止のお知らせ(再度) »

2014.11.17

江戸川区Stroke Prevention Conference

10363603_728121890611397_248808291011月17日(月)、錦糸町東武ホテルレバントにて標記研究会が開催されました。写真に写っている座長は江戸川病院循環器科の大平先生です。基調講演は済生会中央病院の星野先生。パネルディスカッションで「目々澤醫院でダビガトラン110mgが多い理由」を話させていただきました。80歳・90歳にもなる当院の情況ではどうしても「少量で安全に使える」ことが大切と考えております。

1932446_721640751259511_28144370947 同時に発表された慶田先生(江戸川病院)は「110mg投与で脳梗塞発症の症例」を2例報告されました。こうした問題は投与量だけでなく血圧コントロールや毎日の生活・食事習慣の管理にも差が生じるポイントがあり、一概に「こうしなければならない」とは言うことが難しいかと思います。

|

« 第23回江戸川医学会(第二日目) | トップページ | 電話予約システム休止のお知らせ(再度) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54577/60670523

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川区Stroke Prevention Conference:

« 第23回江戸川医学会(第二日目) | トップページ | 電話予約システム休止のお知らせ(再度) »