2017.03.01

広報えどがわに記事を書きました

「広報えどがわ」3月1日号(No1829)に慢性頭痛について院長が書いた記事が掲載されました。地元の人たちのお役立てれば幸いです。
Photo


Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.08

「病院の実力」に「慢性頭痛」で掲載されました

1512 10月に「認知症」の江東版で当院が取り上げられていたことはすでにご報告済みです。今回、12月6日(日)の読売新聞全国版の「病院の実力」の「慢性頭痛」にて取り上げられていました。片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の年間患者数を報告し、頭痛に対する理学療法の有無を書き込むアンケートを返送しただけですが、掲載して頂けるのは有難いことです。
 もちろん、有力な先生がおられる病院・診療所が入っていないなどの難点もありますが、4年ごとにこうしたデータが明らかにされるのも定点観測のように意義あることかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.21

掲載誌が発行されました


先日開催された「MCSS2015」、グループリーダーとして3回めの参加でした。3回で卒業、ということですので今回が最後です。来年からは気楽に参加できるようになります。昨日郵送されてきたのが「Headache and Clinical Science」最新刊。こちらに昨年開催された「MCSS2014」の報告が掲載されていました。プロの方が纏めてくださったものですが、自分の名前が載るのは嬉しいものです。この年は檀野先生にサブリーダーをお勤めいただきました。先生は今年から頭痛学会評議員になられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.09

読売新聞「病院の実力」にランクインしました

1510_2 以前「頭痛」と「認知症」でランクインしたことのある読売新聞「病院の実力」。すでに前回(2011年2月)の際にも「認知症」で取り上げられていましたが、数ヶ月前にも読売新聞からアンケートが届き、調査項目に記入をして返信しておきました。10月4日のFacebookで都医師会理事の安藤理事の永生病院が全国版でリストアップされていたことを書かれていました。さすが、と感心していたのですが、昨8日の当院外来が無茶苦茶な患者数。江戸川区の健診(長寿健診・国保健診)での来院者も数多く、青息吐息で外来を終えました。なんでかなー、と思っていたところ本日ポストに読売新聞から封筒が。「載ってなかったのにな」と思いつつ、全国版でなく都民版を見るとリストの最下段に「目々澤医院」と載っていました。患者数との関連はわかりませんが、なんともビックリでした。
 またこれから一層精進しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.24

東京都医師会理事第2期目にはいりました

1506 2年前に東京都医師会理事に当選し、目々澤醫院の臨時休診を増やしてご来院の皆さまにご迷惑をかけ続けておりましたが、今回6月21日(日)に開催された東京都師会定時代議員会で理事に選任され、第2期目のお務めをすることに相成りました。写真は安藤先生経由で入手した新役員の集合写真です。前列中央が尾崎新会長です。
 担当はこれまで通り医療情報と医学生担当で、社会保険の副担当を任されております。今後も臨時休診や診療時間制限が生じることと存じます。今暫く、やりかけの仕事に一段落つくまで、どうぞお許しをいただきたく存じます。休診情報はなるべく早くFaceBookと本ブログ、さらにFineDoctorのページに掲載するように努めます。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.30

週刊現代でリストアップされました

1505gendai 3週ほど前、来院した患者さんに「先生のこと、週刊誌で見かけましたよ」と言われました。まさに寝耳に水、なにか悪いことでも書かれたのではないかとドッキリしました。よく聞いてみると載っていたのは週刊現代だった、というので買ってみました【2015/05/23日号】。すると、「徹底調査! 「目」「肩」「腰」「ひざ」「頭痛」の名医100人 長年の悩みを解消してくれるのは、この医者だ」という記事の中で「頭痛の名医20人」の表に載せられているではありませんか。他の方々も頭痛学会の錚々たるメンバーばかり。恐縮至極です。しかし、ここに女子医大の清水俊彦先生が載っていないのは片手落ち。まあ、超有名な先生なので出版社側で掲載をためらったのかもしれませんが。
 ところで、この掲載には何の連絡や取材もありませんでした。そのためかコメントも情けない、古ーいHPからの引用文章。ちょっと悲しい掲載となってしまいました。なお、この記事、内容は至極まっとうでした。もしご覧になれればちょっとはお役に立つかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターズ・ファイルからの取材を受けました

Drsfile
 医療サイト「ドクターズ・ファイル」からの取材を受けました。医師となったきっかけ、現在やろうとしていること、健康のため心がけていることなど、インタビュアーの方に問われるままにお話しいたしました。また、校正もさせてもらえたのでなるべく正確な記載となるように細かい修正もさせてもらいました。
 まずはひとさまにお見せしてもいいかなと感じましたのでこちらのブログからリンクを張らせていただくことにいたしました。お時間がありましたらどうぞこちらからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の臨時休診

5/30現在の予定は下記の通りです。
午前休診
  6月5日(金) :午後の診療は通常通りおこないます
午前早期終了、午後開始遅延
  6月8日(月):午前診療11時、午後開始4時
午後休診
  6月19日(金)、25日(木):午前の診療は通常通りおこないます
午後早期終了
  6月29日(月):終了午後5時
6月分はこれで4回目の更新となります。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.21

ウオーターベッド形式の理学療法機器を導入しました

Aqatizer 当院ではこれまでローラー式、カプセル式、干渉波の3種類の理学療法機器で肩こり・腰痛・関節痛などに対応してきました。先月このうちローラー式の機器が寿命を迎えてしまったため、今回ウオーターベッド型のマッサージ機器(ミナト医科アクアタイザー)を導入することにいたしました。これまでと異なり、水流でマッサージ刺激を行うためゴリゴリした強さがなく快適に治療を受けることが出来ます。また、同様の理由から背中の曲がった人にも適応できます。肩こり・背部痛・腰痛にお悩みの方は一度施療をご相談ください。なお、この治療にも健康保険が適用されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.09

電話予約システム休止のお知らせ(再度)

 平成18年の導入以来皆様にご愛用いただいていた「受付テルミー」を利用した診療自動受付を平成27年1月1日より廃止いたしました。診療受付は原則ご来院順といたします。なお、熱発など重篤感の強い方などは(これまで通り)当方の判断で順番を繰り上げて拝見いたしますのでどうぞご理解いただきたく存じます。
 また、これまで自動受付システムまでお電話いただければ当日の診察状態(診療・休診・臨時休診など)がわかるようにしてありましたが、4月8日より器械を停止いたしましたのでどうかあしからずご了承ください。
休診情報等はWeb(本ブログ、目々澤醫院FaceBookページFineDoctorページ公式ホームページ)などでご確認いただきますようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧